Japan Ex Libris Day

     この度Ex Librisでは、ウェブイベントJapan Ex Libris Dayを開催致しますので、ご案内申し上げます。大学や研究機関では、新型コロナウィルスの感染リスクへの対応が求められるなか、研究者や学生にいかに学術情報リソースを利用してもらうかということが課題となっています。またオープンアクセス論文などの図書館を取り巻く最新学術トレンドも生かしながら、高騰する学術情報のコスト管理も求められています。 

     Ex Librisは、イスラエル・ヘブライ大学内のプロジェクトに端を発し、図書館を支援するソリューションをグローバルに展開してまいりました。SummonやPrimoといったディスカバリーサービスは、その中枢にあるCentral Discovery Indexにより、パワフルな検索を実現します。また印刷、電子、デジタル資料を単一のインターフェースで管理する、世界で唯一の統合図書館サービスプラットフォームAlmaもご提供しています。Almaは最もコスト効率の高いライブラリ管理ソリューションと評価されており、ケンブリッジ大学やハーバード大学をはじめとする海外の名門大学図書館、国内では早稲田大学、慶応義塾大学、佛教大学で導入実績があり、ワールドクラスの学術情報基盤の構築に貢献しています。

     Japan Ex Libris Dayでは、Almaを中心にEx Librisが展開するソリューションを概観し、図書館の価値とは何か改めて考えて参ります。Ex Libris 最高経営責任者のBar Veinstein、戦略イニシアティブ担当副社長 Jane Burke、そしてAlmaを国内で最初に導入した早稲田大学・慶應義塾大学のご発表を予定しています。ご多忙の折とは存じますが、皆さまのご参加をお待ちしています。

日時: 2020年7月7日(火曜)13:00 – 15:00

オンライン会議のツール:WebEx
言語:日本語と英語 (英語のプレゼンテーションには通訳はつきませんが、資料は日本語で表示し内容の簡単なサマリーを発表の前後に行います。)
右側のフォームからお申し込みください。

ご不明な点がありましたらEx Librisの渡辺麻子までご連絡いただければ幸いです。Asako.Watanabe@exlibrisgroup.comまでお申し付けください。

下記にご記入の上お申し込みをお願い致します:

Event Agenda

プログラムは以下の通りです。プログラムは予告なく変更する場合があります。

Time

Topic

Presenter

Language

1:00 – 1:05PM

ご挨拶

渡辺麻子
日本代表, Ex Libris

日本語

1:05 – 1:30PM

Ex Libris Overview and Future Vision
Ex Libris 概観と将来展望

Bar Veinstein
最高経営責任者, Ex Libris

英語

1:30 – 1:50PM

Ex Libris Discovery 2020 and Beyond
ディスカバリーサービスの未来

Jane Burke
戦略イニシアティブ担当
副社長, Ex Libris

英語

1:50 – 2:00PM

質疑応答

渡辺麻子, Ex Libris
小林隼, ProQuest

英語/日本語

2:00 – 2:05PM

 休憩 (5分)

2:05 – 2:20PM

15分でわかる:次世代図書館システムAlma 

渡辺麻子
日本代表, Ex Libris

日本語

2:20 – 2:50PM

Alma ケーススタディ:
早慶プロジェクトリーダーからの報告

早稲田大学
慶應義塾大学

日本語

2:50 – 3:00PM

質疑応答
閉会のご挨拶

渡辺麻子, Ex Libris
小林隼, ProQuest

英語/日本語