ExLibris logo endorsed color

LSPで実現する図書館イノベーション

2020年から開始したJapan Ex Libris Dayは今年で3回目を迎えます。今年もLSP(Library Service Platform) で実現する図書館イノベーションを考えて参ります。日本で最初にAlmaを導入した早慶コンソーシアムの現在と将来、国立大学として初めてAlmaを導入した電気通信大学よりご発表をいただきます。またEx Libris事業を統轄するOfer MosseriよりEx Libris製品戦略を発表致します。

図書館予算の減少、電子リソース費用の増加、オープンアクセスへの対応など急速に変化する学術情報環境を背景に、世界の大学図書館では、従来の図書館システムからLSP(Library Service Platform)へのシフトが進んでいます。LSPとは紙、電子、デジタル資料を一括管理するSaaSのプラットフォームで、ナレッジベースによる電子リソース管理システム、ディスカバリーによる検索、リンクリゾルバー、コンソーシアム機能、APIを用いた外部システムとの拡張機能が統合されています。大学図書館のデジタルトランスフォーメーションを推進し、新たな価値創造に貢献すると世界的に注目されています。

Ex LibrisのAlmaは世界で最も高い評価を得ているLSPです。ケンブリッジ大学やハーバード大学をはじめとする海外の名門大学図書館、国内では早慶コンソーシアム(早稲田大学、慶應義塾大学のコンソーシアム)、佛教大学、国立情報学研究所、電気通信大学で導入実績があります。Japan Ex Libris Dayでは、LSPとは何か、これまでの図書館システムと何が違い、図書館の将来にどのようなインパクトがあるのかを、考えて参ります。

皆さまのご参加を心よりお待ち致します。

 

お申し込み頂いたお客様には、イベント終了後に、もれなくセッションの録画と資料をメールでお送りします。
当日のご都合がつかないお客様も安心してお申し込みください。

日時

2022年7月19日(火)13:00 - 15:15

開催方法

オンライン会議ツール WebEx

費用

無料

プログラム
(予定)

 

 


 

 

開会のご挨拶

渡辺 麻子
Ex Libris, Part of Clarivate
シニア・ダイレクター

Ex Librisビジネスアップデート
Q&A
  (60
分)

Ofer Mosseri
Ex Libris, Part of Clarivate
ゼネラルマネジャー
Asaf Kline
Ex Libris, Part of Clarivate
図書館ソリューション担当副社長

[逐次通訳]
小林隼
ProQuest, Part of Clarivate
Training & Consulting Partner, Team Lead

質疑応答
(5分)

[国内事例発表 1]
早慶図書館システム共同運用 
- 新環境下における図書館資源の管理と提供 -
(30分)

長谷川 敦史 氏
早稲田大学図書館
情報管理課長兼戸山図書館担当課長

五十嵐 健一 氏
慶應義塾大学メディアセンター本部課長

[国内事例発表 2]
電気通信大学附属図書館における
Ex Libris社製Almaの導入について
(30分)


上野 友稔 氏
電気通信大学 学術国際部 学術情報課
学術情報サービス係長

質疑応答
(10分)

閉会のご挨拶

渡辺 麻子
Ex Libris, Part of Clarivate
シニア・ダイレクター

[お申し込みについて]

下記のリンクから「登録」をクリックしてお申し込みください。
ご登録方法はこちらからご確認ください。

お申込みは締め切りました

※ フリーのメールアドレスなど、お申し込み時の情報が不十分な場合はご登録いただけません。
※同業他社からのお申し込みはご遠慮頂く場合がございます。

※当オンラインイベントについてのお問合せはクラリベイトまでお願いします。